もうだめかもしれない日記

満を持さず登場して、もうだめかもしれない。

奮闘中

ちょうど一ヶ月程前に多肉植物たちを植え替えしてみたわけだけど…

 

itakura26.hateblo.jp

 

あの頃は、「植木鉢は広ければ広いだけいいだろう!だって外に植わってたら地面はすごく広いんだから」と思ってた。

失敗だった。

多肉たちにとって不相応に大きな植木鉢は、なかなか水が乾かず、カビた。
ここで初めて、植木鉢には植物にとって適度なサイズがあることを学んだ。

そこで、多肉たちに新居をご用意し、引っ越ししてもらった。短いスパンで二度も植え替えをされたことによるダメージが心配だけど、きっと前よりしっくり快適になったはず……

 

f:id:itakura26:20210424162959j:image

 

私はにょろにょろした虫が苦手なので、庭先で作業をするときは周りの安全確認をする。今日もそんな風にしながら、庭先でちまちま多肉を植えて、6つ目が出来上がったちょうどその時!2匹の蟻が!春っぽい薄緑色したにょろを!せっせと運んで視界に入ってきたものだから、びっくりして、多肉を全部ひっくり返してしまったりした。


f:id:itakura26:20210424163023j:image

 

 

 こちらはカイガラムシと格闘中のソフォラ。

f:id:itakura26:20210424163012j:image

 オルトランDXと日々の物理攻撃が効いているのか、葉っぱにべとべとがつくことはなくなった。だけど、ある日突然、葉っぱがパリパリになってしまって、触ると簡単に落ちてしまうようになった。これは、カイガラムシとの格闘に負けつつあるのか、お水がもっと欲しいのか…(お水は土が乾いたらたっぷりあげてるし葉水も毎日やっている)

あと、オルトランくさい。

ソフォラに魔の手がさしかかる


f:id:itakura26:20210329124421j:image

ここ最近、ソフォラの葉っぱに透明の雫みたいなものが付いているのをよく見かけていた。触ってみるとベタベタしている。毎日葉水に使っている水道水のせい?はたまた霧吹きのせい?…などと思っていたけど、昨日調べてみたら原因が判明した。

それは、カイガラムシの排泄物……

 

目を凝らしてよく見てみても虫のようなものは見当たらない。ただ、葉っぱの茎?のあたりに茶色っぽい点が見え、こすると取れるので、これがカイガラムシの幼虫なのかもしれない。

 

べたべたしているソフォラの葉っぱを一枚ずつウェットティッシュでふきふきし、つまようじでカイガラムシと思われる物体を除去、葉っぱが密集しているところは少しカット、急いで買った「オルトランDX」という殺虫剤をまいた。すぐに効果がでるものではなさそうだけど、無事カイガラムシと決別できますように…

 

植物に虫はつきものとは言え、分かりやすく侵入してくるハエやクモとは違って、知らない間に侵入して、知らない間に増える小さな虫の恐怖を感じた。あと、オルトランDXはまあまあ臭い。 

3月に読んだ本

日日是好日森下典子


f:id:itakura26:20210327125031j:image

 

去年父から手渡された本。(父は気に入った本があると私に渡してくる。この本の前は「この世界の片隅に」だった)

お茶が出てくるからか、読むたびに清涼感があって、朝や喫茶店でのんびりしているときにちびちび読むのが好きだった。

主人公の女性と自分は性格的に異なるところが多そうだったけど、『コンプレックス』のあたりの自分を場違いに感じる感じは自分にも身に覚えがあった。

そのあとの『転機』に書かれている「やめるまで、やめないでいる」という言葉もいいなと思った。飛躍しすぎかもしれないけど、人生も、生きる意味とか生きがい云々を気にせずに、ただ死ぬまで生きているっていうスタンスでいたい。

それから、季節を積極的に感じていく生き方っていいなと思った。桜や紫陽花などの分かりやすい季節の植物以外にももっとたくさんの変化が一年にあるのを私はほとんど知らない。植物の名前とか、旬の野菜とか、そういうものをもうすこし知っていきたい。そうしたら、世界がもっと鮮やかになりそう。

 

「こちらあみ子」今村夏子


f:id:itakura26:20210327125043j:image

 

最近大ヒットの映画「花束みたいな恋をした」の中で、「今村夏子のピクニックを読んでもなにも感じない人」っていうセリフが2回でてきて、私はなにか感じるのだろうかと思って読んでみた。

読み終わった後すぐに読み返したくなるような本だった。『ピクニック』に関しては、なにも感じない人ではなかったが、読み終わった後レビューなどで書かれている多くの感想とは違う受け取り方をしていたことに気づき、あれ、私バカ…?と思ってしまった…。それはともかく『こちらあみ子』も『ピクニック』も、目線をいろいろ変えて読み返すと面白い。

 

 

雲竜柳と多肉の植え替え

ハイドロカルチャーで育てていた多肉植物を植え替えした。

 

今回使った土。土を購入するのは初めてだったかもしれない。

f:id:itakura26:20210321145205j:image

 

この子たちは葉挿しで生まれた多肉たち。100均で買った調理用の容器に入ってた。

f:id:itakura26:20210321145215j:image

 

いったんみんなに出てもらって…

f:id:itakura26:20210321145227j:image

 

新しい鉢に植え替えた。

f:id:itakura26:20210321145232j:image

 

植え替えしてから一週間くらい経ったけど、今のところ目立った変化はない。

 

 

それから、雲竜柳も水耕栽培から鉢上げしてみた。いろいろネット上を調べていると、水耕栽培だとそのうち枯れてきてしまうという情報を見つけて、できるだけ長生きしてほしいので鉢上げすることにした。ただ、鉢上げに失敗して全滅してしまったら悲しいので、5本中2本は今のまま水耕栽培することにした。

 

最近は葉っぱが茂ってきて、根っこももじゃもじゃ。

f:id:itakura26:20210321145236j:image

 

雲竜柳用の土は、「アイリスオーヤマ 培養土 ゴールデン粒状培養土 観葉植物用」というのを使用。

ちょっと気の毒な気もしつつ、葉っぱをお掃除して、鉢上げ完了。

(元写真にはないノイズが壁やドアに出てしまって見辛くなった…)
f:id:itakura26:20210321145247j:image

水耕栽培からの鉢上げは失敗が多いらしく、ちょっと不安。こちらも、鉢上げ後一週間くらい経ったけど、今のところ特に変わらない。ちょびちょび葉っぱを生やしたりなんかもしている。