もうだめかもしれない日記

満を持さず登場して、もうだめかもしれない。

2016/12/18

先月から、学生時代の友達を誘って始動した、女三人のスリーピースバンド2回目のスタジオだった。

スタジオ1回目は、なにも決めず、(私にとっては)初めてのセッションを経験して
ひえーってなりつつ、どういう方向性でやっていくかのお話なんかをした。
で、私の希望に賛同してくれた感じでブルースロックをやることになった。

ブルースと言っても最近聴くようになったばかりの私を含め
ドラムもベースもあまり分からないから、とにかくなにかをコピーすることにして、
B.B.King とか? cream とか?ていう話をしてたんだけど、
まず一曲目は最近私がよく観てたジミヘンのこの動画(Foxy lady)をコピーすることになった。


The Jimi Hendrix Experience - Foxey Lady (Miami Pop 1968)

スタジオ入る一週間前にコピーを始めて、
音取りというよりイントロの動きを真似してるうちにあっという間に日が経ってしまって
ソロとアウトロが手薄なまま、「ごめん、ジミヘンになれなかった」って謝りながら練習に参加。

録音した音をあとで聞いてみると、
音を伸ばしたり止めたりする部分に自分は辛抱がたりないなと思った。

今年の練習はもうないのだけど、次のスタジオまでに、
ソロとアウトロもっとマシにしてアームぐいんぐいんやったり腕でごしごしするやつ取得したい。